誰でもできる!力価計算の簡単なやり方


スポンサーリンク

力価計算には2種類ある

力価計算には2種類あります。

それが以下の2つです。


  • 成分量から製剤量への計算
  • 製剤量から成分量への計算

成分量から製剤量への計算とは?

成分量から製剤量への計算は、実際に量り取る薬の量を知るためにします。



具体例を出すと


〇〇ドライシロップ1.5% 10mg


といった記載が処方せんにあった場合、「何gの〇〇ドライシロップ1.5%を量り取れば、有効成分10mgが含まれるようになるか」を計算するということです。(答え:0.67g)



病院や薬局でいう力価計算は、成分量→製剤量への計算が大半でしょう。

製剤量から成分量への計算とは?

製剤量から成分量への計算は、服用量が適切かを判断する目的でします。



具体例を出すと


〇〇ドライシロップ1.5% 0.67g


といった記載が処方せんにあった場合、「〇〇ドライシロップ1.5% 0.67g中に、有効成分が何mgが含まれているか」を計算するということです。(答え:10mg)

スポンサーリンク

力価計算の簡単なやり方

では、それぞれの簡単な計算方法について解説します。

成分量から製剤量の計算方法

先ほどの「〇〇ドライシロップ1.5% 10mg」を例に解説します。

この計算では、「何gを量り取れば、有効成分の量が10mgになるのだろう?」と考てください。



1.5%とは「1000mg中に1.5%だけ有効成分が含まれている」という意味です。

つまり、1000mg中の1.5%なので、1000mg中には15mgの有効成分が含まれています。



求めたい製剤量をX gとしましょう。

そうした場合、比例式で表すと以下のようになります。



【比例式】

1g : X g = 15mg : 10mg



あとは比例式を解くだけ。

以下のように計算を進めてください。



【計算式】

  • ステップ1 → 1g:Xg = 15mg : 10mg
  • ステップ2 → 15X = 10
  • ステップ3 → X=10 ÷ 15 = 0.666 = 0.67g

力価計算の公式(製剤量)

いちいち比例式を作って計算するのは面倒なので、考え方を理解できたら以下の公式に数字を当てはめて計算しましょう。


【公式】

成分量の値 ÷ (〇〇%の値 × 10)= 製剤量(g)



製剤量の力価計算の解説はこれで終わりです。

練習問を用意したので、ちゃんと理解できているか確認してみましょう。


スポンサーリンク

製剤量から成分量の計算方法

先ほどの「〇〇ドライシロップ1.5% 0.67g」を例に解説します。

この計算では、「〇〇ドライシロップ1.5% 0.67g中に、有効成分が何mgが含まれているか」と考てください。



先ほども書いたように、1.5%とは「1000mg中に1.5%だけ有効成分が含まれている」という意味です。

つまり、1000mg中の1.5%なので、1000mg中には15mgの有効成分が含まれています。



求めたい成分量をY mgとしましょう。

そうした場合、比例式で表すと以下のようになります。


【比例式】

1g : 0.67 g = 15mg : Y mg



あとは比例式を解くだけ。

以下のように計算を進めてください。



【計算式】

  • ステップ1 → 1g : 0.67 g = 15mg : Y mg
  • ステップ2 → Y = 0.67 × 15 = 10.05

力価計算の公式(成分量)

いちいち比例式を作って計算するのは面倒なので、考え方を理解できたら以下の公式に数字を当てはめて計算しましょう。


【公式】

〇〇 % × 10 × 製剤量(g)= 成分量(mg)



成分量の力価計算の解説はこれで終わりです。

練習問を用意したので、ちゃんと理解できているか確認してみましょう。


スポンサーリンク